NokiaのE90に関連した備忘録です。いつまで続くかな?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Carbide.uiでBackgroundとメインディスプレイの設定が出来たので、一度パッケージを作成して実際にE90でどのように見えるのか確認してみる。

まず、パッケージを作るためには認証用のキーを作成しておく必要がある。
この作業はCarbide.ui上で行えるのでまずその手順から。
メニューのToolsからHandle Key Pairsを選択する。

始めは何も登録されていないので、下のNewボタンを押す。
key1.jpg


Key Pairを作る下準備としてまずキーファイルを作成するため、下のMake Keysボタンを押す。
key2.jpg

User Informationは最低2項目の登録が必要なので名前とメールアドレスでも登録しておく。
当然ながら全ての項目を入力しておいてもいい。
Private key fileとCertificate fileの保存場所を指定し、パスワードを2回書いておく。
この状態で、Generateボタンを押せば、ファイルが作成される。
key3.jpg

前の画面に戻るので、Key pair nameを指定してsaveボタンを押す。
key4.jpg

以上の操作で、Key pairが作成されたことになる。
key5.jpg


これでテーマのパッケージを作成する下準備が出来たのでパッケージ作成に取りかかる。

といっても、単にToolsメニューからCreate New Packageを選ぶが、Toolbarから同じアイコンを押すだけで良い。
make_package1.jpg

この画面には前回のエントリーで書いたイメージのストレッチ設定の違いがわざと見えるようにしている。
上部のStatus Areaはストレッチ設定を行っていないため、Carbide.ui上ではBackgroundのイメージと綺麗につながっているように見える。
逆に下部のControl Areaはストレッチ設定を行っているのでCarbide.ui上ではBackgroundのイメージとずれているのが分かると思う。
この状態でパッケージを作成し実際にE90で見た場合どうなるか後で確認する。

テーマを作成・修正後セーブせずにCreate New Packageを行うと、セーブするかどうか聞いてくるのでこの時はYesを押しておく。
make_package2.jpg

Color Depthを24にしてNextボタンを押す。
ここで右のパーツのtreeviewには変更したBackgroundとAreasにチェックが付いているのがわかる。
今後修正箇所が増えると、それぞれにチェックが付くのでどのパーツを変更したのか、変更のし忘れがないか、パッケージを作る前にここで確認出来る。
make_package3.jpg

Finishボタンを押すと、先ほど作成しておいたKey Pairが使用されてパッケージが作成されることになる。
make_package4.jpg

パッケージが作成されると、引き続きテーマを携帯に転送するか聞いてくる。
この時Nokia PC SuiteでPCと携帯が連携されている状態であれば、そのまま導入までしてくれる。
make_package5.jpg


ただし、何度も修正しながらパッケージを作っている時などは、転送前に他のテーマに変更しておかないと使用中のテーマの上書き導入に失敗するので注意しておく。

出来上がったテーマをE90で見ると、
Screenshot0048.jpg

Screenshot0049.jpg

このようにサブディスプレイでは赤丸を付けたようなパーツを変更した方が綺麗に見えるであろうと言うことがわかる。

また、メインディスプレイでイメージのストレッチを設定するかしないかでつなぎ目のズレが起こるかどうか確認出来る。
ストレッチ設定を行わなかった上部のStatus Areaはイメージがずれているのがわかる。
Screenshot0050.jpg

なれるまでは手間がかかるが、一度E90に作成したテーマを導入して実際に確認するのがテーマ作りの近道でもある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnaokixyz.blog109.fc2.com/tb.php/9-7e14adfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。