NokiaのE90に関連した備忘録です。いつまで続くかな?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々から少し気になっていたAndroidがiPhoneで動くという記事があったので試してみました。

How to Install Android on Your iPhone

当然の事ですが、前提条件として脱獄しているiPhoneがないと導入出来ません。

なおかつ導入出来るのはiPhone3GのiPhoneOS3.1.2以前のみで3GSやtouchにはまだ対応していません。

脱獄方法にも指定があって、Spiritで脱獄した3GもダメでRedsn0wかBlacksn0wかPwnageToolで脱獄する必要があります。

また、OpenSSHが必要となりますので、最低でも1つ前の記事をクリアした上で実行する必要があります。
まあ、ファイル転送するだけなのでSSH必須ではないですが、他の方法は調べて下さい。


基本的にはリンク先の手順にしたがっていけば良いのですが、ちょっと引っかかるところがあったので、ややこしそうなことだけ書いておきます。
基本的に自己責任ですのでわかる方のみお試し下さい。

この手順はLinuxをベースにした導入手順ですのでLinuxの動く環境が必要となります。
Wikiを読んでいくとOSXとWindows(iPhone2Gのみ)でも出来そうでしたが、ここではLinuxでのインストール方法について説明します。

元記事にはUbuntuがおすすめとあったので、最新版をダウンロードしWindows上のVMwareにインストールしました。
実際に作業をしていてつまずいたのが次の3点です。

ひとつは、iPhone上にAndroidのファイルを転送した後、手順16でiPhoneを再起動しファイルが正しく転送されているかどうかファイルサイズで確かめるようにとあったのですが、サイトに記載されているサイズと実際のサイズが異なりました。
ただ、元々Webからダウンロードした時のサイズと記事のサイズが違っていたので、記事が書かれた後にパッケージが変更されたものと考え、ここは問題なしと判断しました。

次に問題となったのは、手順18でiPhoneをリカバリーモードで再起動して接続するところでした。
ついいつもの癖でDFUモードにしてしまい手順19でloadibecを実行したときにリカバリーモードのiPhoneが見つからないと言われて悩んでしまいました。

最後に、手順21のoibcを実行するところで、libreadline5が無いということで先に進めませんでした。
作者がLinuxにはUbuntuがおすすめとあったので、まさか追加パッケージがいるとは思いませんでした。
なので、apt-get install libreadline5 を実行してパッケージをインストールして事なきを得ました。

それ以外は、手順通りに実行することで、iPhoneでAndroidの動く夢を見ることが出来ました。

一応無線LANでインターネットにアクセスしたり、電話をかけることは出来ました。
ただ、動くだけで使えるわけではありませんでした。
まず、動作が遅すぎるのと、タッチの判定が大雑把でなかなかうまく入力できませんでした。
そして、最悪なのが電池があっという間になくなっていくことでした。
iPhoneはホッカイロ状態になるので、電池にも相当悪いと重ます。

もう少し安定してくればそれなりに使えるようになるかもしれません。

今回は夢からさめておとなしくiPhoneOSで使うことにします。
夏にiPhoneの次期モデルがでたら、3GはAndroidで遊ぶかもしれませんけど。(^^)

スポンサーサイト
えっと、いまだに去年の1月に書いた記事に対して毎日50件以上のアクセスがあります。

iPhoneに侵入された???

常に危険にさらされているみたい
にです。

昔に比べて脱獄が簡単に出来てしまうので、脱獄に興味をもたれた方がアクセスしてくるのでしょう。
でも、この記事を読んで本当に危険性を理解出来る人ははたしでどのくらいいるのでしょうか?
最低でも、CydiaからMobileTreminalをインストールしてコマンドが叩ける位の知識がないと脱獄などしない方がいいと思います。
特に、OpenSSHをインストールする必要がある場合(自分は絶対にインストールするつもりがなくても、あるパッケージの前提条件として勝手にインストールされる可能性があります)は、細心の注意を払う必要があります。

以下に、脱獄した場合に必ずやらないといけないことを大雑把に書いておきます。
脱獄を検討している方は、OpenSSHをインストールするつもりがなくても、脱獄直後に以下の作業することをお勧めします。

1.脱獄する。
  これがすべての始まりです。
  何を使えば脱獄出来るのか、どうするのかは自分で調べてください。
  それすら出来ないなら脱獄など考えない方がいいでしょう。

2.Cydiaを起動して、Cydia関連のパッケージを最新のものにアップデートする。
  脱獄した後、パッケージのインストールは主にCydiaで行うことになります。
  Cydiaを最初に起動した時にアップデートを促されますので、メッセージに従いCydiaそのものを最新の状態に
  してください。
  ただし、メッセージは英語です。辞書をひきながらでも理解してください。
  ここで、何を書いてあるのか理解できないなら、iTunesでオリジナルのファームウェアを上書きして入獄する
  ことをお勧めします。

3.パスワードを変更する。
  CydiaからMobileTerminalをインストールし、コマンドでパスワードを変更します。
  どのユーザーのパスワードを変更するのか?
  元のパスワードは?
  どんなコマンドで変更するのか?
  これらは自分で調べてください。
  自分で調べて理解しようとしないで脱獄するのはあまりにも危険です。
  最低限googleで検索する癖を付けましょう。人に聞くのはその後です。でないとggrksと言われるだけです。

4.OpenSSHを導入する。(もしくは勝手に導入されてしまう)


今までは、手順の3と4が逆でも大丈夫でした。
iPhoneにログインしようと攻撃を仕掛けてくるものも少なかったので、OpenSSHを導入後にPCからiPhoneにsshでログイン後パスワードを変更しても問題にはなりませんでした。
しかし、最近ではウィルスに感染したiPhoneが蔓延し、パスワードを変更していないiPhoneに対してSSHでログインしようと繰り返しアクセスしてきます。
なので、脱獄直後にターミナルからパスワードを変更し、その後のOpenSSHの導入に控えることが必要なのです。

脱獄したiPhoneのセキュリティについてはパスワードを変更することが最低限の対策です。
パスワードを変更していても、辞書攻撃されるとログインされてしまう可能性は0ではありません。
ですので、これ以降はOpenSSHの設定ファイルを修正してパスワードではログイン出来なくする、rootユーザーで
直接ログイン出来なくするなどの対応が必要となります。

脱獄には危険が伴うことを十分理解した上で、

  まず、気軽に脱獄しようとは考えない
  OpenSSHは本当に必要な場合にしかインストールしない
  どうしてもインストールするならまずは先にパスワードを変更してから導入する
  SBSettingsのSSHトグルで必要のないときはSSHを停止しておく
  定期的にSyslogをチェックし、攻撃されていないか、侵入された形跡はないか確認する
  ホームディレクトリーの.bash_historyをチェックし、実行した覚えの無いコマンドがないか確認する

などの対策をとるようお勧めします。
3.漫画(アメコミ)読むならMarvel Comics

  某掲示板を見ているとiPadで漫画を読みたいと書かれている方が沢山います。
  JPEGファイルをZIPで固めたあと、拡張子をzipからcbzに変換してCloudReadersに取り込めば漫画を
  iPadで読むことが出来ます。
  ただ、この場合はあくまでも漫画の1ページをそのまま表示するだけとなります。

  Marvel Comicsは、1ページずつの表示も出来ますが、画面をダブルタップすることで表示方法が
  1コマ単位となり、なおかつ読みやすいようにスクロールしたりもします。
  大きなコマで、どこからセルフを読めばいいか分からない時は、1つのコマをさらに拡大し、
  順番にセリフを見せてくれます。
  単純なイメージファイルの表示ではなく、アプリケーションとして漫画を読ませてくれるよくできた
  インターフェイスで、iPadの大きな画面を使ってカラーのアメコミを楽しむことが出来ます。
  アメコミってセリフとかが結構小さかったりするので、1コマ単位で拡大されるとちゃんと読める
  んですね。ただ、コマがあまりにも小さいとちょっと絵が汚くなりますが、ほとんど気にならない
  くらい、アプリの出来がいいんですね。

  こんな1ページの漫画が
P1.jpg

  1コマ単にの表示に変えてスワイプでコマを送っていくと、
c1.jpg
           ↓
c2.jpg コマが右にずれて c3.jpg
           ↓
c4.jpg
           ↓拡大表示されていたコマが縮小されて全体が表示されるようになり
c5.jpg
           ↓順番にコマが送られていきます
c6.jpg

  日本の漫画も電子化するときに単に1ページずつ表示するだけでなく、このような動きを加えてくれたら
  読みやすくていいでしょうね。
  ただ、すべてのページをカラーで書くとなると作者への負荷が大変なことになりそうですね。(^^ゞ
2.日本の本を読むならCludReaders

  GoodReaderはいろいろなフォーマットのドキュメントを読めるので便利なのですが、ページ送りが
  ドキュメントを上にスワイプするか、画面の下のほうをタップするかでしかできないので、ページを
  めくるという横方向のスワイプでページ送り出来ないのが残念でした。

  CludReadersはiBooksのようにページがめくれるという楽しい仕掛けはないのですが、横方向にスワイプ
  すればちゃんとページが送られるので本を読むという感覚が味わえます。
  さらに、画面右上のアイコンをタップすることでページ送りを左から右に変更できるので、右綴じの
  日本の本を左から右にめくっていくという感覚で読めます。
  この機能は本当に便利で、小説をバラしてScanSnapでPDF化したものを読むのに一番適していると思います。

  また、iBooksと比べていいところは画面いっぱいに表示できるので、近くの文字を読みにくくなった
  おじさんの目にも優しいところです。
  文庫本をPDF化したものをePubにさらに変換しiBooksで読むと、iBooksのレイアウトのため上下左右に
  余白ができて、もともとの文庫本より表示エリアが小さくなって、とても読み辛くなります。

CloudReadersで見た場合
cloudreaders.jpg

GoodReaderで見た場合
goodreader.jpg

iBooksで見た場合
ibooks.jpg



  PDFをePub化してiBooksで読む方法はiBooksのところでご紹介します。
入手したiPadでまず何がやりたかったかというと本(ドキュメント)を読むことでした。

そこで、どのようなアプリで読むのがいいのか自分なりにいろいろと試してみました。

まずは、iPadの目玉であるiBookと行きたいところですが、ちょっとややこしいので後回し。(^^ゞ

1.オールマイティなGoodReader

  まず、一番最初に使ってみたのがGoodReaderでした。
  iPhone版を使ったことがなかったので初めて触るアプリでしたが、iPadで採用された2ペインでの
  操作は、直感的でとてもわかりやすくなっています。
  ただファイルの移動が、Manage Filesのメニューから
  ファイルの選択 -> 【Cut(Move)】 -> 【Done】 -> フォルダーの移動 -> 【Paste】
  と、ちょっとややこしく、この操作だけはマニュアルを読まないと理解できませんでした。(^^ゞ
  
  サポートしているフォーマットも多く、PDFやTXTファイルだけでなく、パワーポイントやエクセル
  といった仕事で使うファイルもほぼ問題なく表示されるので、iPadをPCの横において資料を参照
  しながら仕事が出来る一押しのアプリです。
  今はまだ$0.99なので買って損はないと思います。

  iPadはiPhoneやiPod touchに比べてUSBでの転送速度が速いので(そう感じるだけかもしれませんが)
  PDFのファイルを一気に転送してもそう待たされる感じはしません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。