NokiaのE90に関連した備忘録です。いつまで続くかな?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イーモンスターなどのWindowsMobile端末ではWMWiFiRouterを使えばPCのモデムとして使用できるのですが、ついにiPhoneでも同じようなことが出来る3Proxyというソフトが公開されました。

どうやら、iPhone上にSocksサーバーを立ち上げてPCとad-hocで接続して使うようです。
ですので、完全にWMWiFiRouterと同じではなく、ブラウザーのようにsocksサーバーを指定して利用できるアプリ限定になります。

その割に手順は結構複雑です。(^^ゞ

0.大前提として、iPhoneをJailbreakしておきます。

1.3Proxyとターミナルソフトの2つを導入します。すでにCydiaのメニューに登録されているそうです。
   3ProxyはGUIではなく、ターミナルからコマンド入力で起動するソフトですので導入してもアイコンは現れません。いちいちターミナルから起動する必要があるため少しややこしいですが、すぐに誰かがアイコンで起動できるようにしてくれるでしょう。(^^)

2.PCとiPhoneをad-hocで接続します。

3.iPhoneのIPアドレスを確認します。
   iPhoneをSocksサーバーとして利用するためPCでIPアドレスを設定する必要があります。

4.ターミナルを開いて3Proxyを起動します。
   ターミナル上でsocksと入力することで起動できます。この後ターミナルはホームボタンを押して閉じておきます。この時完全に終了するのではなくバックグラウンドで動き続けます。もう一度ターミナルを起動すると、元の状態で復帰してきますので終了するときにはホームキーの長押しでターミナルを終了させる必要があります。

5.iPhoneのSafariでどこかのサイトを一度見ます。
   この操作がポイントだそうです。この時、表示されるのに少し時間が掛かりますがそれはiPhoneが無線LANを先に使おうとしますが、ad-hocのためインターネットにアクセスできず、しばらくしてネットワークを3Gに切り替えてインターネットにアクセスするからです。この儀式で3Gのネットワークを使うことになるようです。

6.PCのブラウザーでproxyの設定を行います。
   ブラウザーにiPhoneをsocksサーバーとして登録します。先ほど調べたIPアドレスをsocksのサーバーとして設定し、ポート番号には1080を指定します。

7.DNSの設定を行います。
   このproxyはDNSの転送を行わないので、ブラウザーに設定が必要だそうです。Forefoxの場合は、URLを入力するところでabout:configと入力しsocksをキーワードにして設定項目を探します。network.proxy.socks_remote_dnsという項目が見つかれば、ダブルクリックして設定をtrueにします。

以上でiPhoneをモデムにしてPCからWebアクセスできるようになるそうです。
設定の詳細はこちらをご覧ください。

せっかくおもしろい記事を見つけたのに、私自身まだJailbreakしていないので試せません。(^^ゞ
昨日から泊まり込みでお客さんと会議をしているため何も出来ないんです。

早く試してみたいのですが、誰か人柱になって報告をお願いします。(^^)
スポンサーサイト
つい2時間ほど前にiPhone Dev TeamによりPwnage 2.0が公開されました。
ダウンロードのミラーサイトもどんどん作成されているので本家からダウンロード出来ないときはコメントにあるミラーから落とした方が良さそうです。

せっかくダウンロード出来たのですが、MacBookを会社に置いてきてしまっているため残念ながらまだテストできてません。
しばらくはいろいろなコメントを見て、問題ないことを確認した上で週明けにでも会社で実行してみようと思います。(^^)
今日初めて会社にiPhoneを持って行って感じたことは、結構使えるんじゃないかと言うことでした。

まず、通勤時に電車の中でインターネットにアクセスするのに、以前のPHS300+D02HW+iPodtouchだと、電車が成城学園前で地下に入ったときは地上に出てしばらくしないと接続できなかったのが、iPhoneだと普通の携帯電話のようにすぐに電波を掴みます。
地下鉄でも、ホームに入って出るまでのわずかな時間に一度接続できるのでSMS位なら打ててしまいます。でも、これって普通の携帯で出来ることなんですよね。
やはり、このへんはイーモバイルのエリアの狭さによる不便さが出てしまうところですね。
イーモバイルにはもっとがんばってもらわないと、iPhoneのパケ放題を解約できなくなってしまいますからね。(^^ゞ

次に、会社の中で無線LANに接続してみました。
社内の無線LANはCISCO社のLEAP認証を使っていますので、今までのiPodtouchでは接続できませんでした。
NokiaのEシリーズはさすがにビジネスで使用することを前提にしていますので初めからサポートされていましたが、iPhoneも2.0になってこの辺がちゃんとサポートされるようになりました。
無線LANの設定でWPA2エンタープライズでLEAPのユーザーIDとパスワードを入力すればさくっと繋がってしまいました。
これは結構便利なので、iPodtouchもバージョンアップしたくなりました。
SIPを使えばiPodtouchも社内では携帯電話として話せるようになりますからね。
その時はマイクを何とかしないといけませんが、、、

最後に一つとても気になることがあって、日本語入力がどうも良くないのです。
デフォルトでは、英語のフルキーボードと、日本語の10キータイプのが2つ登録されていて切り替えて使うのですが、日本語入力の予測変換がむちゃくちゃ遅くなることがあります。
ひどい時は、一つキーをさわると数秒間レスポンスが無いときがあります。
iPhoneそのものを再起動すれば直るのですが、これはちょっと不便ですね。
予測変換が悪いのか、それとも10キー入力が悪いのか、今日は日本語のフルキーボードを使って検証したいと思います。
iPodtouchの日本語入力では、変換候補のエリアが取られるため、キーが小さくてとても入力しづらかったのですが、iPhoneはスポット変換してくれますので、キーの大きさが英語と同じでとても入力しやすくなっています。
今までがE61やE90のフルキーボードでの入力になれていたので、今回の10キー入力はおもしろいんですけどやはりしばらくはフルキーボードを使いたいと思います。

結論としては、さすがにアップル社製品だけあってとてもわくわくするような携帯電話になっていますね。
せっかく、iPhoneを買ったので何か作ってみたくなり、まずはRingtoneを作って登録してみることにしました。

いろいろなところで手順が書かれていますが、一つ引っかかったところがあったので備忘録を兼ねて書いておきます。

手順は、以下の通りです。

1.iTunesを起動しRingtoneに設定したい曲を選びます。この時iTunes Storeで購入した曲は変換ができませんので、CDから取り込んだ曲か、ごにょごにょして自由になった曲を選択します。

2.曲を選択したら右クリックで[プロパティ]を開き、[オプション]タブで開始時間と停止時間のチェックBOXにチェックを付け、時間差を30秒以内に設定します。曲の先頭から再生する場合は、開始時間は0:00のままで、停止時間を0:30以下とします。もし、曲のサビの部分を使用したいのなら停止時間はサビの開始時間から+30秒以内にセットします。

3.[OK]をクリックして、プロパティの変更を適用します。

4.曲を右クリックして[選択項目をAACに変換]をクリックしてファイルを変換します。右クリックして[選択項目をAACに変換]という項目が無く、[選択項目をWAVに変換]や[選択項目をMP3に変換]が表示される場合は、iTunesのメニューから[編集] -> [設定]をクリックして表示される設定パネルから、[詳細]のタブを選択し、さらにその中の[インポート]タブでインポートの方式を「AACエンコーダ」に設定します。ここで設定された項目が曲を右クリックしたときの変換先となります。

5.変換が終了すると同じ名前で時間が0:30の曲ができあがります。右クリックしてプロパティを見ると、[概要]のタブにファイルが存在するパスとファイル名が確認でき、拡張子が「m4a」になっていれば成功です。

6.ここがちょっとはまったところなのですが、できあがった拡張子「m4a」のファイルをドラッグしてデスクトップに貼り付けます。(貼り付け先はどこでもいいのですが後から操作しやすいところがいいと思います)

7.コピーができたら、iTunes上から拡張子「m4a」の曲を完全に削除し、ゴミ箱からも削除しておきます。

8.コピーされたファイルを右クリックし[名前の変更]で拡張子を「m4a」から「m4r」に変更します。ここで変更した「m4r」という拡張子がiTunes上でRingtoneとして認識されます。

9.このファイルをダブルクリックすると、iTunesの[着信音]というフォルダーに曲が自動的に登録されその場で再生されます。もし、[着信音]というフォルダーが左に表示されないときは、iTunesのメニューから[編集] -> [設定]をクリックして表示される設定パネルの[一般]タブの表示で「着信音」にチェックを付けて下さい。また、[詳細]タブの中の一般タブで「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダーにコピーする」にチェックが付いているとデスクトップにコピーしたファイルがiTunesの管理下にコピーされますのでデスクトップから削除できるようになります。

10.先ほど変換するために再生時間を30秒に設定した元の曲を右クリックし、[プロパティ]で開始時間と停止時間のチェックBOXからチェックを外して元に戻しておきます。元に戻さないと次回の同期で再生時間の限られた曲としてiPhoneに登録されてしまいます。

11.これでiPhoneを接続し、iTunesで同期を取ると、RingtoneがiPhoneに転送されますので、iPhoneの[設定] -> [サウンド]から[着信音]を開くと一番上にカスタムというカテゴリーが現れ、その中に作成したRingtoneが入っていますので、それを選択すればオリジナルの着信音に変更することができるようになります。

ちなみに私はNokiaのサイトからダウンロードしてきたNokia Tuneに設定しました。(^^)
今朝iPhoneのメールアドレスを変更しようとMy SoftBankにアクセスしたら、何度ログオンしようとしてもログイン認証に失敗しましたと言われログオンできません。

初期設定されたメールアドレスとパスワードでアカウント登録してもメールサーバーにアクセスもできないのでサーバー側に問題があるのかな?

さっきからソフトバンクのiPhone用テクニカルサポートに電話してるけど、しばらくお待ちくださいのまますでに40分が経過しました。
こちらもいつ繋がるのだろう?(^^ゞ
無料電話だからしばらくこのままほっておこう。(^^)


<<<追記>>>

今日も2chに助けられました。
電話が繋がって出てきたお姉ちゃんがあまり話のわかる人ではなく、一つ聞いたらしばらくお待ちくださいってなるのでその間に2ch見てたら、これって思える書き込みが、、、
メールIDは全部小文字なので問題ないのですが、パスワードには大文字小文字が含まれており、今回初期設定されていたパスワードは小文字3文字大文字3文字小文字2文字に読めたんです。
そう、最後の小文字2文字にまさか大文字の「I」が入っていたとは。(^^ゞ
どう見ても小文字の「l」に見えたんですよ。
携帯ショップからもらった紙も、フォントのせいで「I」と「l」の区別がつかず、ソフトバンクから来たメールもiPhone上では区別がつきませんでした。(^^ゞ
いやぁ、まいったまいった。
今日は朝からお客さんとの打ち合わせがあり、絶対に買えないとあきらめていました。

でも、かすかに期待を持って昼休みに近くのソフトバンクショップまで足を伸ばすも売り切れましたの一言。

午後も会議が長引き、なかなか終わる気配もなく頭の中ではどこに行けば買えるのかそればっかり考えてしまってました。(^^ゞ

でも、途中の休憩時間に情報収集しようと2chをのぞいてみると、地元駅の携帯ショップにまだ売っているとの書き込みを見つけました。
もうそこからは、いかに早く会議を終わらせるかに集中し、お客さんが帰った後は会議に参加したメンバーとの今後の対応についての打ち合わせもそこそこに速攻で帰宅の準備を始めちゃいました。(^^)

地元駅へと向かう電車の中ではPHS300とD02HWを使ってiPodtouchで2chをリロードしまくり売り切れ情報が出ないよう祈りながらワクワクドキドキで帰ってきました。
今日ほどPHS300とD02HWがあってよかったと思ったことはありませんでした。

そして地元駅に着いたのが7時前で、大急ぎで携帯ショップに駆けつけ開口一番iPhoneくださいと言ったら店のお姉ちゃんに8GBならまだありますと言われました。
ほんとぎりぎりセーフでした。
できれば16GBの白が欲しかったのですが、今使っているiPodtouchも16GBのうちほとんどが映画なので、iPhoneに入れる本数を減らせばいいだけのことなので今日は8GBの黒で妥協しちゃいました。
それにしばらくしたら先行して発注している革のケースが届くので、その中に入れてしまえば違いはわかりません。
決して負け惜しみじゃないですよ。

これからしばらくはおとなしく一般のiPhoneユーザーとして過ごすつもりですが、ごにょごにょできるようになれば、パケットし放題を解約してデータ通信はPHS300とD02HWの無線LAN環境で、通話は素のホワイトプランにして使おうと思います。
もちろん、後腐れの無いように今日はiPhoneは一括で買ってきました。(^^)

20080712006.jpg


なぜお父さんが2匹いるのかは秘密です。(^^)
昨日巷で話題のPHS300のファームウェアをバージョンアップしてみました。

最新の2.2.1ではなく、2.2.0からHuawei E220のサポートが入りましたので、これでいつものおまじないをする必要がなくなりました。
PHS300を購入した時はいつサポートされるのだろうと毎日のようにサポートページを見に行っていたのですが、なかなか変化もなくいつの間にか巡回コースから外れていました。
先日ビードラさんのBlogでサポートされたことを知り、その恩恵にあずかることができました。

今までは、鞄の中からPHS300を取りだしてスイッチを入れた後、D02HWのモデムが電波をつかんで青色の点灯が始まるまではD02HWのケーブルを微妙に抜き差しするおまじないができず、しばらくぼけーっとPHS300を持っている必要がありましたが、今回のバージョンアップでその必要がなくなりスイッチを入れたらすぐに鞄に戻すことができるようになりました。

ただ、モデムの識別に時間がかかるのかどうなのか、青色の点滅が始まってから接続が完了するまでの時間が長くなったような気がします。
まあ、スイッチを入れてすぐに鞄の中にほりこんでおけるので、その便利さを考えたらこのくらいは何ともないですね。

しかし、最近のアクセスログを見ていると、ほとんどの方がPHS300の件で検索して来られているようで、Blogのタイトルを変えないといけないのかなって思ってます。(^^ゞ
その上今日販売されたiPhoneがもし万が一にも買えてしまったら、しばらくはE90の話題に触れられないかもしれません。
E90はメインの携帯電話として日常に溶け込んでおり、最近は新規で何かすることもなくテーマ作りも滞っています。ちょっt落ち着いたら気分転換にまたテーマでも作ってみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。