NokiaのE90に関連した備忘録です。いつまで続くかな?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日作ったPHS300のUSB電源ケーブルを使ってMacBookProのWindowsXP環境でPHS300に電源供給しながら使っていたら15分もしないうちにWindowsから電力供給容量オーバーのエラーが出てUSBポートからケーブルを外してポートをリセットするように言われてしまいました。(^_^;)
ThinkPadT60ではそのようなエラーは出たことがなかったので気にせずに使っていたのですが、MacBookProは厳密に出力電流を見ているのでしょうか?
それともThinkPadはUSBが2ポート並んでいる方に接続していたので出力に余裕があったのかな?

MyBattery Pro nもUSBポートから給電していて問題ないかちょっと心配になってきました。
やはり、ACアダプタのミニプラグから接続するケーブルを作らないといけないのでしょうか?(^^ゞ
スポンサーサイト
PHS300を常時持ち歩くためには連続で2時間位しか持たない電源が気になってしまいます。

そこで以前kiyonariさんからコメントをいただいたこともあり、私も悩んだあげくMyBattery Pro nをメーカーから通販で購入することにしました。(送料込みで10,500円でした。)

ただ、PHS300側のACアダプタの形状がちょっと変わっているため(外径5.5φで内径が2.5φ、一世代前のThinkPadのACアダプタのプラグがちょうど入る形状でした)、標準で付属しているケーブルは使用できず、久しぶりに半田ごてをにぎり電源ケーブルを自作することになりました。

PHS300に充電しようと思うと、MyBatteryProのACアダプターのミニプラグの形状をした出力端子(5V2Aの電力が得られます)とPHS300のACアダプタの口を繋ぐケーブルを作る必要があります。
そこで秋葉原にACアダプタのプラグを買いに行ったのですが、PHS300側のプラグにばかり気をとられてMyBatteryPro側のを買うのを忘れてしまいました。(^^ゞ

仕方がないので発想の転換をして、MyBatteryProのUSB出力(5V500mA)とPHS300を繋いで、充電するのではなく常時外部バッテリーから給電すると言う方法に変更し、家に転がっていたUSBケーブルをぶった切ってACアダプタのプラグを半田付けすることにしました。

昨日このケーブルを使い昼の12時にPHS300とD02HWでパーソナルホットスポットを形成した後、かばんに入れっぱなしにして地下鉄を含む電車移動をしながら夜の9時まで約9時間繋ぎっぱなしで使ってみましたが、MyBatteryProの電源メーターはまだ2目盛り分残っていました。
説明書によると50~26%の残量ということになりますので、PHS300本体のバッテリーと合わせて12時間以上使えることになります。

これで安心してPHS300を持ち歩く事ができ、どこでも無線LANを使える環境が現実的な物となりました。
あとは、これらをまとめて入れておけるポーチのような物があれば完璧ですね。
(ただ、結構熱を持つので低反発ウレタンで保護できる完全密閉型ではなくメッシュの様なものが良さそうです。)

20080517004.jpg

(USBケーブルを適当に切ってしまったので、思った以上にケーブルが短かくなってしまい横に並べて置けないのは想定外でした(^^ゞ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。