NokiaのE90に関連した備忘録です。いつまで続くかな?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のPHS300とD02HWの接続方法を書いた後、イーモバイルのH11Tのユーザーの方から、H11TでPHS300を使えないか試して欲しいとの依頼を受けました。
いろいろとお話ししてみると、思った以上に住んでいるところも近く、一度お会いしてその場でテストしてみましょうと言うことになり、先日テストをしてきました。

H11Tは見た目は本当にごく普通サイズの携帯電話で、S11HTの様に携帯電話としてみたら大きすぎることもなく、HSDPAのモデムとしても使用できるとてもコストパフォーマンスの良い携帯電話だと思いました。
そしてモデムとして使用する場合の接続方法はUSBケーブルで直結、もしくはBluetoothでの無線接続なのですが、せっかくBluetoothで無線接続できるのに、このBluetoothが1.2までしか対応していないのでHSDPAの速度を生かすことができないそうです。
実測でUSB接続で800kbpsオーバーの環境でもBluetoothで接続すると約400kbpsまで下がってしまうとのことでした。

事前にお話を伺っていたところ、USB接続では普通にモデムとして認識できそうでしたので、その場でiPodtouchを使ってPHS300の設定変更をおこないテストしてみました。
変更点はATコマンドで電話を掛ける時の宛先を*99***1#から*99#に変更しただけです。

その後、USBでH11Tを接続したところ、一度PHS300のモデムのランプが赤になり、だめかなっと思った時、H11Tの画面がネットワークに接続中となり、PHS300のランプも緑色に変わり、無事通信できるようになりました。
思った以上にあっけなく繋がってしまい、PHS300の底力を感じました。
D02HWのようにUSBケーブルの抜き差しをする必要もないのでちょっとうらやましかったです。

これでまた一人PHS300のユーザーが増えました。(^^)

20080413002.jpg

スポンサーサイト
会社で支給されているEDGEのPCMCIAのカードがMacBookProで使えないのでイーモバイルのD02HWを買って使い始めたのが今年の2月。
せっかく高速通信できるのでノートPCをゲートウェイにしてE90やiPodtouchからも使えるように設定していましたが、電車での移動中などいちいちノートPCを起動しないと使えないのであまり意味がありませんでした。だって普通の人はそのままノートPC使いますからね。(^^ゞ
そんな時、Webで見つけたのがcradlepointのPHS300というUSB接続のモデムを繋いで無線LANのホットスポットになるマシンでした。
2chなどでの動作報告を信用して、ebayの代行業者を経由して入手しました。
値段ははオークションのBuyitNowで$157.99が円高のおかげで16,163円で購入できました。
ただ、代行手数料、US国内での送料、国際宅急便の送料と関税全て合わすと23,380円と微妙ですが、ファームウェアも最新の2.1.0になっていたので、ファームアップの手間が省けたことでよしとしておこうと思います。

ここからがPHS300設定の備忘録。

hwhackさんのところで書かれていたATコマンドを設定をすることで本当にあっけなくPHS300からD02HWを経由してインターネットに接続できるようになりました。
hwhackさんに感謝感謝です。
実際にPHS300のATコマンドの設定するところには、

AT
AT&FE1V1X1&D2&C1S0=0
AT+ipr=230400
ATDT*99***1#

この4行を記述し、後はユーザーIDとパスワードともに"em"と記述するだけです。

ただ、D02HWは普通にUSBで接続するとCD-ROMに見えて、その後専用プログラムがモデムとして使えるようコマンドを発行するそうです。
ですので、PHS300にD02HWをさすだけでは使えなくて、

1.PHS300の電源を入れ、電源と無線LANのランプが緑色になるのを待つ。
2.D02HWを接続し、D02HWのランプが赤から青の点滅になるのを待つ。
 おそらくこのときはまだCD-ROMとしてしか認識されていないので、PHS300のモデムのランプは点灯しません。
3.PHS300に接続されたUSBケーブルを全部抜かず、ほんの少し引っ張ってもう一度差し込む。
 ここがすごく微妙なところです(^^ゞ
4.うまくいくと、まずD02HWのランプが赤くなり、その後すぐにPHS300のモデムのランプが赤くなります。
 この時のPHS300の赤のランプはモデムとの接続に失敗したことになるのですが、数秒でD02HWのランプが青く点灯し(点滅ではない)、PHS300も緑に点灯します。

この手順を踏めば100%間違いなく接続できるようになりました。

これで、今後は電車での通勤中にパケット代を気にすることなくE90やiPodtouchを有効活用できそうです。(^^)

ちなみに、PHS300が思ってたより大きくて、ちょっとショックだったのはヒミツ(^^ゞ

20080408001.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。