NokiaのE90に関連した備忘録です。いつまで続くかな?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近iPhoneばっかりいじっていたせいか、PHS300が機嫌を悪くして充電出来なくなってしまいました。

MyBattery Proに接続しながら使っていたたのですが、PCが急にネットに繋がらなくなったのでPHS300を見ると、バッテリーのランプが1回短く赤く点滅し、その後全てのランプが緑で1回点滅する、そしてこの赤と緑の点滅が繰り返されるという見たこともない状態になり、その後は純正のACアダプターに繋いでも充電中の赤いランプすら点灯しなくなりました。

リチウムイオン電池の過放電でバッテリーが死んでしまったと思い、新しいバッテリーを秋葉原に買いに行ってきました。
今使っているのは初期のPHS300なので家で使うときもACアダプターのみでの稼働が出来ず、バッテリーとの併用が必須でバッテリーの寿命など、ちょっと不安に思っていました。
買ってきた新しいバッテリーを入れACアダプターを繋いでみると赤い充電中ランプが点灯したのでまずは一安心したのですが、その後新しい電池でも充電することが出来なくなってしまいました。
二度と赤い充電中のランプが全く点灯しなくなってしまいまったんです。

MyBattery ProもPCもUSBポートからの給電で使っていたのがいけなかったのでしょうか?
500mAしか供給できないので内蔵のバッテリーが放電しすぎたのでしょうか?
電気はあまり詳しくないので取り扱いを間違えたのかもしれません。
やはり、MyBattery ProのACアダプタの端子から充電出来るようケーブルを作っておくべきでした。

ただ、新しいバッテリー単体では動いていますので、外部からの給電はあきらめて、バッテリー端子に直接電力を供給して稼働できるか試してみたいと思います。
バッテリーの端子が3つあるのですが、両端で+-を供給しているのは判るのですが真ん中の端子がどうなっているのか、ちょっと調べる必要があります。

とりあえず、MyBattery Proからの給電だけで動かせるようになればいいのですが、、、


スポンサーサイト
昨日巷で話題のPHS300のファームウェアをバージョンアップしてみました。

最新の2.2.1ではなく、2.2.0からHuawei E220のサポートが入りましたので、これでいつものおまじないをする必要がなくなりました。
PHS300を購入した時はいつサポートされるのだろうと毎日のようにサポートページを見に行っていたのですが、なかなか変化もなくいつの間にか巡回コースから外れていました。
先日ビードラさんのBlogでサポートされたことを知り、その恩恵にあずかることができました。

今までは、鞄の中からPHS300を取りだしてスイッチを入れた後、D02HWのモデムが電波をつかんで青色の点灯が始まるまではD02HWのケーブルを微妙に抜き差しするおまじないができず、しばらくぼけーっとPHS300を持っている必要がありましたが、今回のバージョンアップでその必要がなくなりスイッチを入れたらすぐに鞄に戻すことができるようになりました。

ただ、モデムの識別に時間がかかるのかどうなのか、青色の点滅が始まってから接続が完了するまでの時間が長くなったような気がします。
まあ、スイッチを入れてすぐに鞄の中にほりこんでおけるので、その便利さを考えたらこのくらいは何ともないですね。

しかし、最近のアクセスログを見ていると、ほとんどの方がPHS300の件で検索して来られているようで、Blogのタイトルを変えないといけないのかなって思ってます。(^^ゞ
その上今日販売されたiPhoneがもし万が一にも買えてしまったら、しばらくはE90の話題に触れられないかもしれません。
E90はメインの携帯電話として日常に溶け込んでおり、最近は新規で何かすることもなくテーマ作りも滞っています。ちょっt落ち着いたら気分転換にまたテーマでも作ってみようと思います。
PHS300を常時持ち歩くためには連続で2時間位しか持たない電源が気になってしまいます。

そこで以前kiyonariさんからコメントをいただいたこともあり、私も悩んだあげくMyBattery Pro nをメーカーから通販で購入することにしました。(送料込みで10,500円でした。)

ただ、PHS300側のACアダプタの形状がちょっと変わっているため(外径5.5φで内径が2.5φ、一世代前のThinkPadのACアダプタのプラグがちょうど入る形状でした)、標準で付属しているケーブルは使用できず、久しぶりに半田ごてをにぎり電源ケーブルを自作することになりました。

PHS300に充電しようと思うと、MyBatteryProのACアダプターのミニプラグの形状をした出力端子(5V2Aの電力が得られます)とPHS300のACアダプタの口を繋ぐケーブルを作る必要があります。
そこで秋葉原にACアダプタのプラグを買いに行ったのですが、PHS300側のプラグにばかり気をとられてMyBatteryPro側のを買うのを忘れてしまいました。(^^ゞ

仕方がないので発想の転換をして、MyBatteryProのUSB出力(5V500mA)とPHS300を繋いで、充電するのではなく常時外部バッテリーから給電すると言う方法に変更し、家に転がっていたUSBケーブルをぶった切ってACアダプタのプラグを半田付けすることにしました。

昨日このケーブルを使い昼の12時にPHS300とD02HWでパーソナルホットスポットを形成した後、かばんに入れっぱなしにして地下鉄を含む電車移動をしながら夜の9時まで約9時間繋ぎっぱなしで使ってみましたが、MyBatteryProの電源メーターはまだ2目盛り分残っていました。
説明書によると50~26%の残量ということになりますので、PHS300本体のバッテリーと合わせて12時間以上使えることになります。

これで安心してPHS300を持ち歩く事ができ、どこでも無線LANを使える環境が現実的な物となりました。
あとは、これらをまとめて入れておけるポーチのような物があれば完璧ですね。
(ただ、結構熱を持つので低反発ウレタンで保護できる完全密閉型ではなくメッシュの様なものが良さそうです。)

20080517004.jpg

(USBケーブルを適当に切ってしまったので、思った以上にケーブルが短かくなってしまい横に並べて置けないのは想定外でした(^^ゞ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。